by three-birds

鍵の話

f0210048_020421.jpg

↑ 残念ながら我が家の持ち物ではありません・・・ ↑


外出しようとしたその直後、
息子が家の鍵を持たずに登校していることが発覚しました(汗)

今日は、明らかに私より息子の帰宅時間のほうが早い・・・
そして私の帰宅前に、息子は塾へ出かけていなければなりません。
鍵を持っていないとなると、予定がすべて困ったことに(泣)

ところがよりによって、今日は学年行事で社会科見学へ行っている息子。
接触できないし~職員室へ行っても、どなたも居らず困り果て・・・

するとそこへ、いつも素敵な養護の先生が現れました。

かくかくしかじか・・・

「鍵を職員室でお預かりして、
担任の先生の携帯にメールして〇〇くんに渡してもらえるようにします」
と頼もしいお言葉。

鍵は無事息子に渡っておりました。
f0210048_0575456.jpg

今日しみじみ思ったのは、助けられているな~ということ。

親子共々、本当にいろいろなところでたくさんの助けをもらっており、
お返しせねばとよく思います。

今日の出来事を息子に聞いてみると、おもしろ事件のように楽しげに報告。
「(担任の)先生が、〇〇(僕)にメールだよ、って見せてくれて・・・
学校に(社会科見学から)帰ったら、副校長先生が鍵を持って待っていてくれた!」

私の不手際で、たくさんの方たちが動いてくださり、
本当に申し訳ないやらありがたいやら;

そしてそんな息子も、自分がこんなにもまわりの大人たちに
見守られ、助けられているのだと、
きっと肌で感じているに違いありませんね。
(・・・というわけで、こんな親の失敗もそれなりに役に立つもの?かも?)

f0210048_058837.jpg
f0210048_0582585.jpg


関係ありそで、全く関係ない画像のオンパレード^^;


そして、そんなこんなで遅刻から始まった2回目のパソカリレッスン

自慢したくなるすごいもの作ってきました♪
[PR]
by three-birds | 2011-02-23 01:40 | 家・出来事・日常