by three-birds

6日目

f0210048_125171.jpg


恵まれた環境で生かされていること・・・



不安は続きます。
でもここには日常があり生活をしていかねばなりません。

先日は小学校関係の作業のため出かけました。
被災された方々のことを考えると
この作業は、今やるべきなのか?と思いつつ・・・
学校に判断を仰ぎ決行しました。

朝、8じ半に登校し、帰宅したのが17じを回っていましたが、
いつも感じる疲労感は全くなかったです。
むしろパワーみなぎり帰宅しました。

皆同じように不安なのだということが分かったから。
論破の得意なあの人も、リーダー格なあの人も・・・
皆、怖いのです。

でもこうして皆で吐露しあって、励ましあって、ときには笑いもおこり・・・

こういうときこそ必要なのは、心のケア・・・会話なのだと思いました。


また、子どもたちには
不安を和らげるように明るく接することでしょうか。
もちろん被災地での現実は現実として伝え
自分たちがどれだけ恵まれているかを教える必要があります。

でも家庭が暗くなっていては
気力をも失います。

そうして、リセットして、
世の中のために何が出来るかを考えたいです。


昨日は地震後初めて家の中、掃除機をかけました。
[PR]
by three-birds | 2011-03-17 13:49 | 家・出来事・日常