by three-birds

アスティエドヴィラットの・・・

f0210048_17592470.jpg


アスティエのノート♪

この柄、とってもお気に入りです。
インテリアの中にチョイと置いておくだけで
引き締まるというか・・・オブジェがわりになりますね。


な~んて言っちゃってますが、
実はこの柄の素敵さに気づいたのは最近の話。。。

f0210048_16375850.jpg


このノート、
アスティエドヴィラットのアイコン的な柄として
意識しており見かけてもおりましたが、
あまりハートに届いておりませんでした^^;
なぜだかエスニックな印象が強く、なんだか、、、
柄としては強烈すぎて浮いてしまうような・・・かんじ?

ところが、そんな考えを覆す出来事が・・・・^^


あるとき何気なく見た
「COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY」 というフランスの映画。

ストーリーはさておいて・・・
映像の素敵なこと~~
ファッションはもちろんのことですが
インテリアがこれまた息をのむほど素晴しい~~ツボ^^


そこで、
腰を抜かすほどびっくりしたのが、あの柄の登場。
あの柄はもしや???

f0210048_16502859.jpg


f0210048_16512567.jpg


ね~!素敵~~
映画の中で舞台となる、
ココシャネルの別荘の一室、アトリエ(?)。

このお屋敷のインテリアがココの好きな黒と、
白、ベージュ、そして幾何学柄で構成されているのです。
(この時代背景シュプレマティズム?)

エスニック~と思っていたあの柄が
選び抜かれた調度品とスタイリングされて
モダンでお上品なフランスのインテリアに^^;(びっくり)


あのノート柄、
アスティエのオリジナルだと勝手に思っていましたが、
そうではなかったのですね。
なんでも、トルコだかインドだかの古いタイル柄なんだそうです。

そういうわけで、映画を見てからというもの
すっかり気になる存在の柄になりました。
かなり影響されやすい^^;
(で・・・ノート購入^^)



f0210048_1761513.jpg


シャネルのバッグから
このアスティエのノートが出てきたら・・・
かなり素敵ですよね。(妄想中・・・)
[PR]
by three-birds | 2011-11-25 18:00 | インテリア・デザイン